借りたい方

賃貸Q&A

物件購入の時の費用の内訳は?

不動産を購入するときにかかる諸費用は、物件売買代金以外に印紙税・登録免許税・不動産取得税など税金の他に、登記手数料や火災保険料・保障料などが必要となります。
住宅ローンを利用する場合や売主が消費税課税者の場合など、ケースにより必要な費用が異なりますので、詳しくは弊社スタッフまで、お気軽におたずねください。

質問一覧へ

資金計画とは何ですか?

資金計画とは、不動産を購入際にかかるお金の総額(売買代金+諸経費+必要経費)をどのようにして調達するのかを事前に計画することです。
一般的な目安として、購入金額の1~2割の頭金(自己資金)の準備が必要となり、購入後は固定資産税の支払いもあります。
購入の前にかかる総額をしっかりと把握し、退職後の生活費用などを見越して人生設計にあわせたバランスのよい計画を立てましょう。

質問一覧へ

値引き交渉は出来ますか?

売主と相談し値引き交渉を代行いたします。
新築物件など売り出し当初のものより、中古物件のほうが交渉が成立しやすい傾向が見られます。
詳しくは弊社スタッフまで、お気軽におたずねください。

質問一覧へ

物件購入の際に必要な物は?

申し込み証拠金、手付金、内金、仲介手数料の半額、売買契約に必要な印紙代などの費用と、住宅ローンや不動産購入の手続きに「住民票・印鑑と印鑑証明 」、「収入証明書(源泉徴収、確定申告書、支払証明等)」「不動産売買契約書・重要事項説明書」が必要となります。

質問一覧へ

物件購入の際の契約内容を教えてください。

取引内容や権利・義務などを明確にして、安全確実に売買を成立させるために不動産売買契約書を作成いたします。

質問一覧へ

重要事項説明とは何ですか?

重要事項説明とは、地建物取引主任者が買主に対し、売買契約・賃貸借契約の締結の前に、説明しなければならない契約上の重要な事項のです。
物件に関する事項や取引条件に関する事項などの項目があり、様々なトラブルを未然に防ぎ、円滑な取引を行うため、物件に関わる情報を正確かつ的確にご了承いただくためのものです。

質問一覧へ

ローン条項とは何ですか?

物件購入の際、金融機関からの融資を受けることができない場合に、手付金も全額返還し契約自体を白紙撤回することができる条項を「ローン条項」といいます。
契約書にローン条項が入っていれば、金融機関か融資が下りない場合でも、買主は契約を解除できます。その場合、解除をした当事者が損害賠償責任を負うことはありません。

質問一覧へ

住宅ローンについて相談できますか?

ローンシュンミレーションで、ご希望・条件をお聞きして、金融機関に事前審査を依頼します。
※年収等の個人情報をお聞きすることになります。(収入証明等の書類提出を求められる場合があります。)

質問一覧へ

仲介手数料はいくらかかりますか?

仲介手数料とは、法律により定められた不動産会社が不動産売買で受け取ることのできる報酬です。物件価格により手数料がかわり、別途消費税も加算されます。

仲介手数料の算出方法は以下の通りです。
 - 物件価格200万円以下の場合、物件価格×5%
 - 物件価格200万円~400万円の場合、物件価格×4%+2万円
 - 400万円~の場合、物件価格×3%+6万円

質問一覧へ

購入後に欠陥がわかりましたが、どうすればいいですか?

一般的には、引き渡しから契約内容により定められた期間内に発見された欠陥は、売主の責任で補修しなければなりません。その期間を瑕疵(かし)担保期間といいます。
但し、築年数のたった古い物件などの場合、「瑕疵担保責任を負わない」とすることもありますので、購入の際に契約内容をよくお確かめください。

質問一覧へ

ページ上部へ

モバイルQRコード

  • OWNER'S AGENT
  • Akya-KATSU 福岡県内に空き家をお持ちの方専用の空き家管理・活用相談窓口
  • 建築家との家づくりを第三者的立場で公平・公正にサポート/FORZA(福岡県福岡市)
  • 小さなお子様づれでも安心 子育て応援の店